ぽんZuの買い物依存性アイテムレビュー

ともかく新しいものが好きで、年間200万以上の買い物をする人間が気に入ったものを紹介するブログ

中華Windows10タブレット CHUWI HI10 PRO レビュー

お久しぶりです。本当にお久しぶりです。

また季節中冬うつにやられて何も出来ない状態が続いておりました。

 

では早速。今回のレビューは中華Win10タブレット

CHUWI HI10 PRO

です。

f:id:masui1917:20170218073804j:plain

 

選んだ理由は、2万円台と安いながら内部ストレージが64G(大体32G)

解像度が1920×1080(フルHD。普通HD位)

メインメモリが4G(普通2G)だからです。

細かいスペックとか買った人の評価とかは上の広告から飛んで観てください。レビューなのに写真が一枚しかないのもいつもの通りです(笑)

 

2万円台と安いので、使い倒してやろうと思い購入を決意。

用途は、

 

ベッドで寝そべりながらPCをいじりたいから。

 

という横着な理由です。

 

購入して日本語化と無線LAN接続と接続して、当時購入したセキュリティソフトESETとKingSoftOffceをインストール

日本語化の方法はネット検索すれば出てきますので、そちらを参考に。

 

あとは横に寝そべりながら、ネットライフです(笑)

ネットとメールだけならこれで十分です。

 

「寝そべって使いたいならiPadみたいなタブレットでいいじゃないか」

と思う方も多いと思うのですが、

 

iOSAndroidタブレットはマウスが使えない!

 

操作するためにいちいちベッドの中から、手を出してタップするのが面倒!

だから寝そべってベッドの中でマウスで操作したいという、こうれまた見事な横着ぶり。

 

勿論画面タップで操作もできます。

 

中華タブレットとしては良く出来ています。何より液晶画面が綺麗です。

 

インターフェイスは左側面にイヤホン端子、マイクロHDMI端子、マイクロUSB端子(ヴァージョンは不明)、USB-C端子、マイクロSDカード(64Gまで対応)と左側に集中しております。

 

周辺機器はBluetoothで接続します(ヴァージョン不明)

 

上面に電源スイッチとボリュームボタン。左下と右下にスピーカーがあります。

 

下面はオプションのキーボードを取り付ける端子が付いています。

 

タブレットなので、画面の回転も出来ます。

 

さてこれ、充電はUSB-C端子で行うのですが、まずアダプターの形状が日本のコンセント形状ではありません!

 

でもUSB-C端子のもう片方の終端は通常のUSBなのでUSBコンセントか何かに接続すれば問題は無く、でそこは余り気にしなくてもいいかもしれません。

 

先ほども書きましたが、初期設定がやや面倒な物の中華タブレットにしては非常に良く出来ています。

 

しかし最大の欠点が「充電が難しい」(笑)

 

本体に刺すUSB-Cのの差し込み具合に絶妙な加減が必要です。

 

方法としてはUSB-C端子を最後まで差し込み、ほんの少しだけ緩める絶妙なテクニックが必要です(笑)

 

もしかしたら私の元に届いたのが電源部の初期不良で、ほかの方は問題なく充電出来ているかもしれません

 

今やメインPCはデスクトップ、サブはノートと言う時代は過ぎ(そうしてる人はすみません)

売り上げもデスクトップのシェアは下降中です。

なんでノートメインでサブをタブレットにする時代です。

 

一時期Windows8.1のタブレットが出まくりましたが、その頃から考えられないスペックです。

ただやっぱりCPUが非力なのは仕方ないです。

 

同価格帯の通常のミニノートと比べても解像度がフルHDなのは有難いです。大体のミニノートが1280×800位ですから。メモリも2G位で、ストレージも32G位。

 

今や最新のスマホフルHDでメモリが4Gの時代。ミニノートは後れを取っています。

ただそれを一括で買うと10万位します。

 

なんで、サブになるタブレットが欲しい方にお勧めです。

画面もガラスでカバーされています。

 

 私は枕の横にタブレット用のスタンドを使って立ててベッドの中でマウス操作して使っています。

 

暫く使っていたのですが、

 

やっぱり蓋が欲しい(笑)

 

元々安いので「蓋なんていらねーや」って思ってたんですが、なんか机の上に置くとき画面がむき出しだと不安です(笑)

 

かといって蓋となる専用キーボードを買うと当初のコンセプトから外れます。

 

まあ、安いし重要なデータは入れない(入る容量が無い)ので、それでいいかと思ったりしてます。

 

ただやっぱり充電の問題を何とかしてほしいです(笑)

 

寝ている間に充電して、朝起きたら充電出来ていなかったとかだと悲惨です。

 

iPadとか10万近くするタブレットと違って2万円台なので、大切に使って要らなくなってもオークションに出しても大した価格も付かないので、そこら辺は割り切って傷だらけになるまで使い倒してやりましょう!

 

後これ、Androidも入ってるデュアルOSなんですが、Androidoのタブレットも持っているのでそこはあえて報告しません。ていうか立ち上げたこともありません(笑)

 

中華タブレットと言うことで、なんかスパイウェアが入ってるんじゃないかと思う人もいるんじゃないかと思いますが、あくまでこれはサブ機なので、そもそもそんな危険な情報はメイン機だけで使えば良いのです。

 

と言うことで値段の割に優秀な中華Windows10の紹介でした。

 

次回は使用しているBluetoothコンパクトキーボードと、タブレットスタンドの紹介をしたいと思います。