ぽんZuの買い物依存性アイテムレビューとウクレレノススメ

ともかく新しいものが好きで、年間200万以上の買い物をする人間が気に入ったものを紹介するブログ

【今更】君の名は。レビューネタバレ無し。

 

 

私は新海誠監督が女性声優以外全部一人で自主制作した30分くらいのアニメ「ほしのこえ」から作品を追っているのですが、昨年大ヒットと聞いた時「新海監督の時代がついに来たか!」と思いました。

でも混んでいるところは嫌なので、映画館には行かずブルーレイ発売待ちにすることにしました。

 

「ポスト宮﨑駿は細田守新海誠」と思っていて細田監督に大きく水を開けられた感じだったのですが、ここに来てやっと芽が出たのを通り越して満開の花が咲いた感じです。

 

正直「次回作を作るお金はあるんだろうか?」くらいいつも心配していました。

 

ちなみに「雲の向こう〜」の映画を見に行ったときは監督が舞台挨拶に来ていました。なんか肩が斜めに物凄く開いたYシャツを着ていましたw

 

ただ、新海誠監督はアキレス腱というか好き嫌いがはっきり出る作風が多いんですよね。下の独特な詩的表現みたいのが端々に散りばめられていて(私が考えました)

 

「急に降り出した雨の匂いとか、慌ててカバンを頭の上に両手で乗せて走りだす彼女の靴が奏でる水しぶきの音とか」

 

コレはもう評価が別れると。

少なくとも大衆受けはしないと。

 

最初コレを最小限に抑えた作品は「星を追う子供」ですが、なんか内容がジブリっぽくなってました。

 

去年「大ヒット!」と聞いたときに、上みたいな詩的表現はやっぱり最小限なんだろうなと予想はしていました。

観たら予想通り最小限になっていました。

 

そこに上手く新海監督独特の青春描写、得意とする綺麗な背景が加わり「これはヒットするわ!」という内容になっていました。

 

自主制作の「ほしのこえ」が究極の長距離恋愛だとしたら、「君の名は。」は究極の時差恋愛物語と表現させて頂きます。

 

上記のように評価が別れる詩的表現は最小限に抑えられていて評判通り面白かったので一見の価値はありです!

 

なんか、来年の夏辺りに地上波で放映される気がするので、それまでにDVDかBDを買ってください。

お願いしますw

 

あ、レンタルって手もありましたねw

 

でも、他人と一緒にとか何回も観たい場合はやっぱり持っていたほうが便利ですね。

リッピングとか違法になって久しいので絶対にしないでください。

 

次回から新しい電子タバコ特集です。